/資料請求・お問い合わせ

資料請求・お問い合わせ

ステークホルダー メディア GURULI

企業は社会の公器であると松下幸之助が喝破してから幾星霜。世相を見ると、表面上は企業の公器性が尊ばれていながら、いまだその公器性をどこではかるのか明確な基準はありません。
「GURULI」は企業を取り巻く「社員」やその「家族」、「地域コミュニティ」や「顧客」「取引先」「株主」「経営者」といった各ステークホルダーとの関係性を紹介する媒体です。
ステークホルダーとの関係性を詳らかにすることで企業活動の輪郭を円を描くように〝グルリ〟となぞりだします。企業の総体を描き出した先に企業の信頼性の醸成を行います。

既存の尺度では、株主利益の最大化をはかる会社、社員満足度の高い会社といった物差しでもって企業価値が判断されます。年商や社員数は大きくても誰かを不幸にしながら成り立つビジネスや、社員にとって働きやすい会社でも下請けや取引先、顧客に無理を強いる企業はあります。あるいは売上や利益、社員数といった指標は大きな会社でなくとも、長年、地域コミュニティへの貢献や信頼のあつい企業もあります。

小難しいことを書きましたが、単純に、良いことをしている公器性の高い企業の取り組みを伝えます。今まではスポットライトが当たらなかった側面に光を当てる、いわゆる「一隅を照らす」人間ドラマを届けることで、読者に、掲載企業の未来のステークホルダーになっていただけたら幸いです。その延長線上に、公器性を持つ企業がきちんと賞賛されて、尊ばれる文化を醸成することを目的としています。

グルリでできること

  1. ステークホルダーからの声や物語を通して、貴社の素晴らしさ、社会性や公器性を伝えます

  2. ステークホルダーとの対話の機会を通して、貴社の社員やそのご家族の皆様に理念を浸透させます

  3. 未来のステークホルダー向けに、各記事をステークホルダーマップに整地して、貴社の物語がつまった企業パンフレットを制作できます(有料サービス)