ステークホルダーメディア(ぐるり)

お問合せ・資料請求
MENU
セムコ スライド
ネクスト最新
ネクスト
日本財団フェイスシールド
表紙 ステークホルダーメディア スライド GURULI

新着企業

新着記事

セムコ株式会社のステークホルダーに対する思いとは 経営

セムコ株式会社のステークホルダーに対する思いとは

セムコ株式会社

価格競争力のある新興国の台頭、技術革新スピードの加速、国内の労働力人口の減少など、ものづくり大国・日本の中小製造業は困難な時代を迎えています…

株式会社シードパートナー
からの紹介

社外の宣伝部長?株式会社エンカレッジ代表が語る「横引きシャッター」の求心力 取引先

社外の宣伝部長?株式会社エンカレッジ代表が語る「横引きシャッター」の求心力

株式会社横引シャッター

「うちの営業より、うちの製品について喋れるくらいの凄い人」専門シャッターのトップメーカー、株式会社横引シャッター。その代表である市川慎次郎氏…

「武器屋」として、地方創生を図る。株式会社エンカレッジ代表の挑戦。 経営

「武器屋」として、地方創生を図る。株式会社エンカレッジ代表の挑戦。

株式会社エンカレッジ

これまで、企業や商品が認知されるためには、広告やプロモーションに多額の投資をしなければなりませんでした。しかし、もし「1件1円」で、60万件…

株式会社横引シャッター
からの紹介

大胆すぎる老舗。グローカル企業から見た「日本自動ドア株式会社」のしなやかさ。 取引先

大胆すぎる老舗。グローカル企業から見た「日本自動ドア株式会社」のしなやかさ。

日本自動ドア株式会社

前回、日本自動ドア株式会社が各ステークホルダーとどのように向き合っているかをお伝えしました。その日本自動ドアの取引先であり、且つ地域社会、地…

株式会社シードパートナー
からの紹介

循環型社会の作り方、知ってる?都会生まれの社会起業家が今、岩手県に移住した理由。 経営

循環型社会の作り方、知ってる?都会生まれの社会起業家が今、岩手県に移住した理…

アースカラー

株式会社アースカラー

生まれは東京都墨田区、生粋の都会人。そして、二児の父親でもある社会起業家が今、岩手県から日本を変えようとしている。「インパクトを最大化させる…

日本自動ドア株式会社
からの紹介

シードパートナーのステークホルダーに対する思いとは 経営

シードパートナーのステークホルダーに対する思いとは

株式会社シードパートナー

新型コロナウイルスの影響で人材や経営に対する新しい課題が次々生まれており、今社会は大きな変革期にあります。株式会社シードパートナーは企業の人…

日本財団フェイスシールドプロジェクトの舞台裏~イノベーションはステークホルダーとの協働の中で起こる 特集

日本財団フェイスシールドプロジェクトの舞台裏~イノベーションはステークホルダ…

公益財団法人 日本財団

新型コロナ感染症の世界的な拡大に伴い、社会全体で大きな行動変容が求められ、新しい日常を手探りで模索する日々が続いています。この間、多くの企業…

渋沢栄一とステークホルダー資本主義~自社におけるステークホルダー経営思想構築への示唆 コラム

渋沢栄一とステークホルダー資本主義~自社におけるステークホルダー経営思想構築…

これからのステークホルダー資本主義、あるいはステークホルダー経営の実践にあたり、本コラムで、渋沢栄一の今日的な意味合いを考えてきた。渋沢にま…

100年経営研究機構 後藤俊夫「コロナ禍対応調査で判明した長寿企業の強さとは?」 有識者VOICE

100年経営研究機構 後藤俊夫「コロナ禍対応調査で判明した長寿企業の強さとは…

一般社団法人100年経営研究機構

ステークホルダー資本主義は根付くのか?一向に終息する気配のないコロナ禍。戦後最大の経済危機の影響は全産業セクターに及びつつあり、多くの企業が…

山中哲男 生い立ち~起業前夜の話 コラム

山中哲男 生い立ち~起業前夜の話

株式会社トイトマ

民間企業から中央官庁まで様々な事業の戦略策定、新規事業開発支援、プロジェクト開発支援を行ってきた山中哲男さん。その全ての仕事が、自分から積極…

横引シャッターにとってステークホルダーとは? 経営

横引シャッターにとってステークホルダーとは?

株式会社横引シャッター

株式会社横引シャッターは1986年に設立され、現在では他の大手企業を抜いて、特殊シャッター分野で最大シェアを誇る会社です。コロナ禍を受け、地…

渋沢栄一とステークホルダー資本主義~岩崎弥太郎との対比 コラム

渋沢栄一とステークホルダー資本主義~岩崎弥太郎との対比

本稿では、渋沢栄一と同時代に活躍した岩崎弥太郎に象徴される財閥経営との対比において、渋沢の思想の特徴を浮き彫りにしていきたい。ところで、この…